アクセス・お問い合わせ

えがおのたねについて

名前の由来

心の底から、ガッハッハ!と笑えることがたくさんあると人生が楽しく送れるかな〜
そんな笑顔になるための種を地域に撒きたいな、と法人の名前を「えがおのたね」としました。

2013年、法務局で法人名を登記するときに、「いい名前ねぇ♡」と言われたのを思い出します。

そして、2021年春。
ホームページリニューアルすることになり、改めて考えました。

もし失敗しちゃっても、クスッと笑って、「そんな時もあるさ!」と笑う。
ドキドキする時も、鏡を見て、口角をあげて、ニンマリ笑って「きっと大丈夫!」と自分に言ってみる。
一生懸命生きてる私。
よく頑張ってるね・・・と自分に言って、ニヤリ。
そんな笑顔も素敵だなと思います。

広がれ!笑顔!!

えがおのたね代表

あいさつ

特定非営利活動法人 
えがおのたねのホームページにようこそ!!

この法人を立ち上げたとき、中学2年生の息子は不登校真っ最中でした。

学校に行き渋る。
宿題を極端に嫌がる。
忘れ物は日常茶飯事。

なんで、こんな感じ?!
私の育て方のせい?

彼がサボり癖があるの?

でもでも、そんな感じじゃないな。。。

そして、前から言葉だけは知っていた「発達障がい」について学びはじめました。

あれっ?こんな感じの子は各クラスに何人もいるじゃん、、、と。

そんな子たちに言いたかった。
「君のせいじゃないよ」

そんな子の保護者の方に言いたかった。
「育て方のせいじゃないよ」

日本の学校という枠組みの中では、
なかなか実力が発揮できない「発達障がい」。

2015年私たちは、居場所として、
「児童発達支援事業・放課後等デイサービスきなこ」をはじめました。

2018年には、中高生の自立へのステップとして
「放課後等デイサービスLino」をはじめました。

2021年春、その居場所は進化して、
「保育所等訪問支援事業 Passerelle KINAKO(パスレル きなこ)」という、
学校との連携を図るための事業もはじめて、
専門的に「こんな風にすれば、誰もがHAPPY!」提案していきたいと思います。

 

page top